ウーバーイーツのチップについて【払い方・上げ方など】

ウーバーイーツ

(出典:uber.com)

2020年5月から、ウーバーイーツで導入されたチップ制度。

すいすい利用してもらえるよう解説してみた。

チップの払い方・上げ方

チップの払い方

まず、チップを払うタイミングはいつでもあるので安心してほしい。

タイミングは全部で4回。

  1. 注文時
  2. 到着時
  3. 到着から5分~10分経過後
  4. 注文履歴の「謝礼を送る」欄から

注文時

ここは個人的にはなかなか横着なタイミングだと思うけど、

まず注文を確定する直前にチップをあげるかどうかを聞いてくる(笑)

まだサービスの質を確認する前なのにだ。

当然「今はしない」の選択肢がある。

到着時

到着時は、配達員が到着して、料理を受けとった直後だ。

ここは1番配達員の仕事が印象にのこっているところだから、チップを渡すかどうかも判断しやすいと思う。

時間どおりに来てくれたのかとか、愛想はよかったかなどなど。

予定の時間より早く到着した場合はそのこともウーバーが伝えてくれる。

到着後5分~10分後

到着後5分~10分ぐらいすると、もう一度チップを渡すかどうか聞いてくる。

これはもう料理を食べ始めているとか、食べ終わったようなタイミングだから、レストラン側のサービスを評価するところだ。

料理や梱包の質はどうでしたか?という感じ。

ところが、またしても配達員にチップを渡すかどうかがついてくる。

けっこうしつこい(笑)

注文履歴の「謝礼を贈る」欄から

そして最後。というかいつでもよいやつ。

注文履歴をみると、「謝礼を贈る」というボタンが目に入る。押すとチップの支払いページに飛ぶようになっている。

これは今までの注文全部が対象となっている。それぞれの欄を見れば、謝礼を送るボタンがあるのがわかる。

このように、いつでもチップを贈ることができるわけだ。

チップ金額の上げ方

料理の合計が650円だった時を例に見てみよう。

%で上げるのであれば、20%までできる。
もっと金額を上げたい場合は編集から手打ち入力してみよう。

アプリの場合、チップは青天井に渡せるわけではない。あくまで注文金額の2倍までのようだ。

試しに3,000円を入力すると、、

2倍までしかできないという表示が出るわけだ。

もちろん、現金で直接の場合に上限はない。

チップを払いたくない場合

チップを払いたくはない場合は簡単だ、上記のタイミングでスルーすれば大丈夫。

注文履歴をみても、謝礼を送らなければいい。

「せっかく配達してくれたのに私は冷たい人だと思われないかしら」

もし、そんな風に思われたなら、、

払ってもいいかもしれないが(笑)チップも金額を選べるので、少し気持ち程度に渡すのもよいと思う。

配達員の側からいうと、チップはないのが普通と思っている。

はっきりとなんだけど、あまりお客様の印象が残らない。

というのも、玄関先はドアがあって近くにインターフォンがあってが基本。受け渡しで顔を合わせても、数秒で完了する。

こういうことを繰り返しているもんで、正直あんまり印象がのこらない。

あとで配達が落ち着いた時に、チップが入ったことを確認できる感じなんだ。

「あっ、嬉しいなぁ」

チップが入った人がどんな人だったかすぐに思い出すのは、正直難しい(すいません)。

チップ金額をマックスにしてくれないと無理だ(笑)

ましてやチップをくれてない人を思い出すなんて不可能に近い。

たいてい入らないのが基本なんだから。

配達履歴には、もらってない人がづらづら〜っと並んでる状態。

それはそれで普通なんだよね。

なので余裕がある時で大丈夫。

(画像の出典:Uber.com)

プロフィール
taiki

2019.7〜電動チャリ専業Uber。東京豊島区に在住。間取りは1Kが定番、スタバがリビングがわりです。収入はミニマムに、空いた時間に学び直しやブログの執筆をしています。趣味:イラスト制作、読書、カフェ。

taikiをフォローする
ウーバーイーツ
taikiをフォローする
スポンサーリンク
ギグワーカーたいぽんの軌跡

コメント

タイトルとURLをコピーしました